吟渓の動物たち

 2003年2月から我が家に遊びに来るようになったエゾリス。
名前は小学生のお客様が『エリちゃん』と名づけてくれました。

 エゾリスは冬眠しないので、冬の食物不足の期間だけ、クルミやひまわりの種を与えています。
寒がりなので、比較的あたたかい日に遊びに来るようです。
 体力の消耗を防ぐため、冬期間の行動は2時間程度のようです。朝6時から9時くらいまでの間に姿を見かけることが多いですね。

 春から秋にかけては、もちろん「野生」に帰っていますが、大きく揺れる葉陰にエリちゃんの姿を見つけることもあります。その頃は、寒がりのエリちゃんも衣替えをしてフサフサした耳毛もなくなっています。
 もし、夏に耳毛の長いエゾリスを見かけたら、それは初夏に生まれた子どもかもしれません。

 2005年ころから時々、複数で遊びにくるようになりました。それぞれ、個性豊かなエゾリスたちですがパッと見た目の区別がつかないので
我が家ではどのエゾリスもやっぱり、みんな「エリちゃん」なのです。


青空の下で・・・

お気に入りの石ノ上で

2階のベランダに現れた!

春の毛変わりの時期!

11月耳毛がうっすらと!

耳毛のない夏のエリちゃん



母親なったエリちゃんおっぱいがあるよ。

土のにおいはいいな。

おいしいものはないかな。




雪が大好き

かくれんぼが得意

好奇心いっぱい!



壁をよじ登り

食べようと思ったら見つかった!

逃げろっ!