ぽん酒の話 その7

2008 くりやま老舗まつり
 4月12・13日に栗山町にある小林酒造さんの「第20回北の錦酒蔵まつり」へ行ってきました。この酒蔵まつりは地元のきびだんご屋の谷田製菓の「きびだんごまつり」と合体して、上にある「くりやま老舗まつり」として栗山近辺では、大きなイベントとして定着しています。以前から行ってみたいと思っていたのですが、楽しみな試飲をしてしまうと、泊りがけになってしまうので、中々行けないでいたのですが、ネットを見ていたら、地元の栗山温泉で「老舗まつりプラン」で、2食付5500円というのを見つけて、カミサンの実家に寄るついでにという名目で、行ってまいりました。




 普段は見ることの出来ない蔵の中へ入ると、中庭ではお花見宜しく敷物を広げて宴会気分で盛り上がっているお客さんたちがいました。









 蔵の中で役目を終えているタンク達!木造の蔵はひんやりとしていて気持ちが良い。








         天井が年代を感じさせます。

















 もろみを搾る圧搾機







 TVの「開運なんでも鑑定団」にも出た小林酒造のお宝!











 今年は、7月に「洞爺湖サミット」が予定され、その時に北海道産の好適酒造米を使用した日本酒が、晩餐会に使用されるのだが、そのサミット用のコーナーです。









 屋台の焼き鳥で、試飲のお酒をたらふくいただく!


  



ぽん酒の話に戻る 戻る